お似合いの恋人と出会える

15 (2)

22年代の時、知人として知り合ったとあるダディのことをいいなと思ったのですが、恋人にはその時至極お似合いの妻がいると聞いていて、自分に自信がなかった僕は話し掛けることもせずに類で話してはあるものの、まるで物語らしきことをしていませんでした。

皆登用やらなんだかで集まることも消え去り、テレフォンも知らなかったので、いいなという想いを引きずりつつも、いずれ見合うことはないだろうと思い3時世が経ちました。

僕は相変わらずの日々で、主人もおらず、確実に過ごしていて、ちょいちょい当時の知人って個別に会っていました。

当時の知人といった逢うって恋人のことを思い起こしますが、さぞ妻といったうまくいってるんだろうと思い込んでいたら、知人が急に恋人を呼ぼう!と言い出しました。

急に何?と言うと、恋人から僕って出会える機会を作ってほしいと言われていたけど徹頭徹尾忘れていて、という年間前に言われていたことを話し出したんです。

私としては妻はどうなったの?と聞くと、3時世前に直ぐ別れていたとかで、知人もそれを年間前に聞いたそうです。

それくらいない隅になっていた恋人は友達の連絡を受けて息吹を切らしてやってきました。

変わってないなぁってお互いに微笑みあって、恋人が知人に両者にさせてよ!といった戯言ぽくいって知人を追い払うようにツーショットになりました。

急に大真面目になった恋人は、なぜあのシーン連絡をくれなかったの?と聞いていたんです。

恋人は私のことを好きになって、妻といった別れ話を進め、私の知人に僕を掘り起こすように情報を通じていたんだそうです。

けれども何の食い違いか僕には伝わらず、テレフォンも知らないし振られたと思った恋人はあきらめたそうです。

後々何人かが連絡を取り合う中で僕という知人にたどり着いて、出会う機会を作ってほしいといったお願いしてまた放置されていたそうです。

僕は笑ってしまいました。

こんなにもすれ違うって無縁ってことかなぁ、と言うと、じゃなくてやっと会えたから、うまくいくようにしていきたいんだけど。と真剣に言われました。

私も恋人も自分からは貫くスタイルだ。

こんな風に再会できて付き合うなんてアンビリーバブル等でした。

今も静かでのんびりした生活に恋人がいてくれてずいぶん幸せです。

http://www.euro-paller.com/

夫がセックスに臆病になってしまう

l

夫妻とも50費用として、最近では甚だという夜の日課の度数が減ってきています。

ボクは疲れている時や様態が悪い歳月を除いては、それなりに色欲はありますが、夫は企業ではセンター監督ということもあるのか、帰宅すると「疲れている」とか「寝たい」とかを連発していますし、ストレスが多いせいか最近では自律心異常症の診査も受けており、ここ数年はずいぶん積極的にセックスをするという雰囲気にはなっていませんでした。

体験として数か月に1度もセックスがない瞬間も結構ありましたし、セックスしたとしても夫がいわゆる内折れしてしまい、「すまん」と言われて途中で完結ということも重ね重ねありました。

そんな感じですので私としては悶々とした日々を送ることも多かったです。

そういった体制が続いたので、我々は多少なりとも夫に刺激を与えて意思を向けてもらおうと、お風呂立ちにはわざわざ湯船タオルはじめ枚でリビングでTVを見ていたり、本を読んでいたりやる夫の今しがたを意識的にあるくようにしていました。

また、洗濯モノのうち肌着などはわざと夫のまぶたの当たる場所に乾かすようにして、多少なりとも原動力をあたえようといった意識しています。

そういったパーソン知れない集中もあってか、私の経験上、翌日が販売休日の週末などは夫もストレスから解放されてホッとしているのか、刺激を与えると時どき身体を求めてくれるようになりました。

アフターピルの通販はこちら!

やはり勃起が十分でなかったり、中折れの時もありますが、そんな時には「気にしなくていいよ」とか「疲れているんだよ」って、ボクに鬱積は残りますが出来るだけ優しい言葉をかけて与えるように努めています。

そのような場合、夫を責めたり、不満な顔付きを見せたりするとますます、夫がセックスに臆病になってしまうとおもうからです。

忍耐も必要となりますが、夫にも過度なソフトように努力する結果、現在では毎月程度のセックスが再建しています。

出来れば惜しくも狙うなとは思いますが、これからも焦らずに集中を続けていきたいとしています。

手触りも違うと言っていました

3

パルテノン御殿風のからくりになっているラブホテルがあるといった友達から聞いて、女房にひと度行ってみたいというお願いしたのですが、私の女房はケチで良いラブホテルまで行かなくても己のルームで潤沢だという人間でした。

私としてはラブホテルにお泊まりするのが少々思惑で、お年贈与にその宿屋に連れていってほしいというお願いしてやっと叶えてもらったんです。

普通のラブホテルの何ルームがパルテノン御殿ぶりとかテルマエ・ロマエぶりとかになっていて、そこだけまだまだ良いんです。

中に入ると、みた会社のある柱がいくつか建っていて、天外yesの大きな丸っこいベッドがどーんと置いてあって、純白な本当に神秘的な余分でした。

ラブホテルって不快趣向を想像していたのですが清潔感があって、外国のお姫様のルームもののムードで気合があがってしまいました。

女房はラブホテルに来たことがあるので、違う?と聞いてみると、全然違う、普通は一際フツーのルームが多いし、と言っていて、お風呂から出たときにきるガウン的ものの手触りも違うと言っていました。

改めてエッチをすることになったときに、なぞ主人がいつもよりきめ細かいというか、お年ということもあったんですが、いつもなら益々刺々しい感じでキスとかして現れるのに、雰囲気等々があって、もの凄く優しかっただ。

私も天井を見上げると常にといった全然違う純白で勝負の天外で、いつもより婀娜っぽい感じであえいでしまったり、ほんと趣向を通じてエッチがこんなにも違うって思いませんでした。

しかも、女房はどうにかこうしたデラックスで高いところに泊まってるんだから悔しいと言い出して、一旦エッチが終わってからまたお風呂に入り直して、僅かくつろいです後に二回瞳しようと誘ってきたんです。

早朝まで一緒にいたのに、二回目するなんて初めてのことでした。

それでもそういったポイントでのエッチも興奮して甚だよかったです。

オスモフェリン香水がおすすめ!

未来ドクターという相談することが重要

0088

恋人のつまみ食いが引き金となり、フィット妨げといううつになりました。

40年代以上に生活でいよいよ、心に身体という精神が支配されて普通の生計を送れなくなるという状態を積み増しました。

いまだにほんの数ヶ月前の事件なので、体験も鮮明で決して思い起こしたくはありません。

心身ともに普通の生計が送れなくなり、何度かメンタルホスピタルに入院することになりました。

なのでドクターから、サインバルタ60mgを毎日一括服用するように作り方されました
摂取を通じてから4ヶ月ほどで、今も続けて服用してある。

当時はかなり不眠症の事態が出ていた結果、眠れないときはジアゼパム5mgも作り方されました。

またストレスしたり、心理的な重圧レベルが上がると、味方の痺れ、過ブレス、ふらつきなどの事態も表れた結果長らくは頓服薬として、かならずジアゼパムを携帯していました。

事態を通じて、5〜10mgを服用していました。

効果はありましたが、眠りたくないときにも眠気に損するという副作用がありました。
そのため愛車の作業などはどうしてもできませんでした。

サインバルタは数週間して近々作用がでてきたのかな?という感じです。薬という時刻のシナジー(だ)で摂取開始から2ヶ月後には、気分的にも精神的にも随分と落ち着いて現れるのが自分でもわかりました。

今でも護符的意欲も含めて毎朝服用してある。

以前に短期間だけ服用した事態のある抗うつ剤は(称号を失念してしまいましたが)飲んだ後にボルテージが悪くなったり、その割合は作用ばかり感じられなかったのですが、サインバルタは断然副作用かな?と感じるものは今のところありません。

ショッキングな事件や暮らしの大きな変化のあった数ヶ月でしたが、今は自分がうつ状態だと感じることはほとんどありません。

ただそういった薬の性質上、何時が終わりどきまで、またどのように辞めていったらいいのかを未来ドクターという相談することが重要です。

アネロスユーホーはこちら!

彼から貰った初めての誕生日プレゼント

11

彼氏と初めて旅行に行ったのは私の誕生日で、場所は鬼怒川温泉でした。

一泊二日の旅行で初日は私の行きたかった東武ワールドスクウェアに行きました!

彼も私も旅行が好きだったので、海外旅行に行った気分になりとても楽しかったです。

アジア、アメリカ、ヨーロッパなどエリアに別れているので数時間で世界一周をしたような気持ちになります。

ミニチュアの世界遺産たちがたくさんあり、本物をいつか見に行きたいなーという気持ちとよくできている作品に驚きました。

また、彼は写真も好きでミニチュアだからできる写真の撮り方を二人で探して面白い写真をたくさん撮ることができました。

次に足を運んだのはトリックアート美術館です。

こちらも面白い写真を撮ることで盛り上がりました。たくさんの種類のトリックアートがあり、目の錯覚の面白さを実感できます。

夕方になり旅館に到着し、浴衣に着替え温泉街を散歩しました。(季節は春です)

温泉まんじゅうや、お漬物などたくさんお店が並びとても雰囲気の良い場所でした。

温泉も露天風呂付きのお部屋に泊まったので一緒にゆっくり入ることができました。

夕食を済ませ、部屋に戻るといつ用意したのか不思議ですがプレゼントが用意されていました。

初めての誕生日プレゼントはパスケースでした。5年たった今でも大切に使っています。

http://www.awakeningvoice.net/

二日目は日光江戸村へ行きました。江戸の町並みが再現されていて、江戸時代にスリップしたようでした。

江戸時代の人になりきるために着物と袴に着替えました。

貸し出しの衣装には町娘や、おいらんなど種類があり、それにより金額や着物の形も違いました。

髪の毛までセットしてくれるので外国人観光客もたくさんいました。

劇をみたり、馬に乗ったりしました。

なんとなく鬼怒川温泉に行きましたが、思ったよりも楽むことができ、また行きたいなと思う場所に巡り会うことができました。

近鉄特急で伊勢志摩に彼と旅行にいってきました

9

彼氏と半年記念ではじめて旅行に出かけました。

スケジュールの都合で一泊二日しか取れなかったため、近場の観光地にしようということで、近鉄特急で伊勢志摩に出かけることになりました。

近鉄のお得きっぷの「まわりゃんせ」を使用し、二日間特急乗り放題券と周辺施設に無料で入れるクーポンを入手して大変リーズナブルな旅でした。

朝に大阪を出発し、まず鳥羽駅で降り鳥羽水族館に入館しました。

たくさんの生き物がおり、中でもセイウチショーがとても印象に残っています。観覧者参加コーナーで彼氏が選ばれ、みんなの前でセイウチにキスされるという体験もしていました。

その次は観覧船に乗りイルカ島へ。小さな島でビーチもあり、高台にロープウェーで登ることもできました。

イルカショーもあり、プールではなく天然の海から囲いを作ったステージで、とても新鮮でした。イルカタッチコーナーもあり、イルカのピチピチな肌に触るという貴重な体験もしました。

初日最後は伊勢神宮へ。

夕方で人も落ち着いており、お伊勢さんの荘厳な雰囲気を味わえました。おかげ横丁のお店はほとんど閉まっていましたが、たまたま空いていた伊勢うどんのお店でおいしいおうどんが食べられました。

宿泊は経費節約のため松阪のビジネスホテル。せっかく松阪だし、ということでおいしい松阪牛の焼肉を食べました。

ビジネスホテルに泊まって思ったのは意外と壁が薄いので声や物音が聞こえるのにあせりました。

せっかくの2人っきりの旅行でエッチで盛り上がりたいのに気になってしまいました。

大阪に有名なアダルトショップでオモチャを買っていきました。

こんなのです⇒ http://www.jurong-photography.com/

結局使えませんでした。

二日目はレンタカーを借り、いざ志摩へ。ドライブロードを通り、爽やかな鳥羽の海を駆け回りました。途中美味しい牡蠣のお店で規格外の大きさの岩牡蠣を食べたり、鳥羽展望台で濃厚なソフトクリームを食べたり、至福な時間でした。

そして賢島に着き、志摩マリンランドでカワイイ動物たちに癒され、ド派手な観光船で英虞湾を一周し、真珠の養殖場で本真珠のネックレスを買いました。

夕方には閉園ギリギリの志摩スペイン村に出向き、とりあえず有名なアトラクションに可能な限り乗りまくる、というミッションを行いました。30分ほどで、なんとか3つほど乗れました。今度はもっとゆっくり来よう、と話しました。

そのあとは横山展望台へ。テレビでもよく取り上げられる有名な展望台で、観光客も大勢いました。綺麗な夕日も見られました。

そしてレンタカーを返却し、近鉄特急で大阪まで帰りました。まわりゃんせのおかげでたった二日とは思えないほど充実した旅行でした。

病院で働いているとさまざまな恋愛事情がありますね

6

私は総合病院の中で働いています。今までいくつかの病院で働いてきましたが、どんな規模の病院でも院内で不倫している人は一定数いるように感じます。

当然他の職員や家族にばれてはいけないため、デートは慎重になります。

以前私は働いていた病院はそんなに大きな病院ではなく、何かあった時にちょっと入院するくらいの町の病院という感じでした。

そんな規模の病院では病院の近くに住んでいるスタッフも多く、病院の近くのレストランや映画館が入っている商業施設でデートするのは誰かに見られる可能性が高くとても危険です。

さらに、病院では看護師や介護師はシフト勤務であり、残業などをしている可能性もあるため、病院近くの電車の駅で待ち合わせをするのはとても危険です。

そのため、電車移動をするのであれば病院から離れた駅やデート場所で待ち合わせをします。車での移動の場合は家まで迎えに来てもらうのが安全です。

車に乗る場合は自分の髪の毛1本1本ですら気を使います。

特に奥さんの髪の毛が短い場合は髪の毛が落ちないように髪の毛を結ぶようにします。

車に積んである物の位置はなるべく動かさないようにし、香水など匂いのつくものはつけていかないようにします。

化粧品もラメの入っている物は服に付くことが多く、払うだけでは簡単に落ちないので使わないようにします。

自宅以外で会う場合は手をつないだり肩を組んだりするのにも気を使います。新しくオープンしたばかりの施設に行く時は特に、誰かが見ていないかと慎重になります。

そのため普段友達とはなかなか行かないような車で数時間程度離れた場所にある温泉や観光地に行くことが多いです。

宿泊を伴う場合はあまり頻度が多いと浮気を疑われるので数か月に1回程度にします。

基本的にアネロステンポでアナニ‐するのが一番気持ちがイイですよ!

彼女の携帯をこっそり見たらエッチな画像が・・・・・

彼女 携帯

数年前に付き合っていた彼女の携帯を、ダメと分かっていながら好奇心で一度見てしまった事があります。

部屋で一緒に過ごしている時に、ふと彼女がパスコードロックを解除しているところが目に入ってしまい、しっかりと解除番号がわかってしまいました。
そして、彼女がお風呂に入っている隙を見計らって、先程のパスコードロック解除番号を押すと見事ロック解除に成功してしまいました。

すごく緊張してハラハラしたのを今でも覚えています。
やはり一番気になるのが、LINE履歴。その当時は私も若かったので、どこの誰と、どんな連絡をとっているのかがとても気になる年頃でした。
心臓が破裂しそうになりながら、恐る恐る開いて見て驚愕しました。

その当時、彼女がかっこいいかっこいいと言っていった同級生の男子とのやり取りが、つい5分前に行われていました。その時点で、テンションはガタ下がりでしたが、内容を見て凍りつきました。
彼女から送信されたメッセージに無数に添付されたハートの絵文字。

そして、確実に夜の営みの画像など卑猥なやり取りが数日に渡り掲載されていました。

「今度〇〇君の大好きなアナルを責めてあげるから」

アネロスヴァイス持ってきてね!」

正直、こんな絵に書いたような見事な浮気ストーリーが存在するものなのか、とただただ呆然として全身の力が抜けてしまいました。しかもアナルまで・・・・
こんなやり取りを見てしまってからは、もう彼女とは普通に接する事は不可能です。

しかし、いきなり不機嫌になったり、怒ったりするのも、こちらが携帯を勝手に見た事をさらけ出してしまうので、それでは逆手に取られかねないなと思い、上手に丁寧に、「もうお前とは合わないから、やっていけない。」とゆう流れに持ち込みました。

今となっては話のネタのストックが増えてよかった、くらいにしか思ってはいませんが、やはり当時の事を思い出すと、それまで仲良く順調に続いていた彼女を失ってしまったので、「これ、まさしく知らぬが仏だな。」と、つくづく思い知らされました。

私は趣味の渓流ルアー釣りを楽しんでます!

渓流釣り

わたしは渓流でのルアーフィッシングをするのが趣味の1つです。

渓流釣りの代表として「鮎の友釣り」がメジャーですがロバートレットフォード監督の「リバーランドスルーイット」の映画に魅せられフライフィッシングに憧れましたが、私なりの釣り方で攻略してみることにチャレンジしています。

海釣りとは違い、潮風を浴びて身体をベトベトにすることなく、この景観のなかで竿をだすと心が落ち着くのは私だけでしょうか?マイナスイオンを浴びながら魚との知恵比べです。

私の経験上、成長したアユ以外はルアーで釣れると考えるチャレンジのターゲットを紹介しますね。

ヤマメ

ヤマメ・・・私が狙っているNo1の淡水魚です。
私は、中々、釣れなくてこの1尾を釣上げた時に狂喜乱舞したことを覚えています。妻に自慢気に「写真撮影をしてくくれ」と頼んだ時に「1匹だけ?」と言われションボリした私がいるので私の手と魚だけの画像をチョイスしました。いいサイズですよね!ね!ね!悔しいから1人で食べました。

ニジマス

ニジマス・・・これは渓流釣りの1軍レギュラーです。気性も荒くファイターで針が掛かったあとに想像以上に走ります。皆さん塩焼き派?ソテー派?私はバターとニンニクを使いソテーにするタイプです。これから釣りを始める方に・・・「ソテーが美味いですよ!」

私の釣り方を紹介します!

ルアー

これらの魚は肉食で基本、虫を食べて生活をしています。そうなるとルアーも海の様な大胆さではなく繊細な動きになるのですが、ここで私のルアー達の紹介です。
スプーンと呼ばれるルアーと毛鉤を利用します。川岸から上流方向に投げ川の流れに同調させる時と下流に投げる時とありますが、その時の「気分」です淡水魚のアタリは繊細なのも理由の1つと思いますが。リールを1秒間に1回転する程度の、ゆっくりとした巻き方で、こんなゲストも口を使います。

鯉です。これは引きますね~「カープフィッシング」が流行る理由もうなずけます。

ウグイ・・・これも定番です。この小さな身体からは想像できないと思いますが、この魚もファイターです!数釣りを目指すのであれば、この魚の右にでる魚はいないと思います。それだけ「釣れます!」因みに画像のウグイは婚姻色をしているので種の保存の為、優しくリリースしてあげてください。何度か食べたことがありますが・・・結構美味ですが・・・根こそぎ釣らないのであれば後学のため塩焼きで食することを勧めます。
最後に川は、雨でもそうですが上流でダムを放水することがあります。急な増水がありあるので周囲には最大限の注意をしてください。