夫がセックスに臆病になってしまう

l

夫妻とも50費用として、最近では甚だという夜の日課の度数が減ってきています。

ボクは疲れている時や様態が悪い歳月を除いては、それなりに色欲はありますが、夫は企業ではセンター監督ということもあるのか、帰宅すると「疲れている」とか「寝たい」とかを連発していますし、ストレスが多いせいか最近では自律心異常症の診査も受けており、ここ数年はずいぶん積極的にセックスをするという雰囲気にはなっていませんでした。

体験として数か月に1度もセックスがない瞬間も結構ありましたし、セックスしたとしても夫がいわゆる内折れしてしまい、「すまん」と言われて途中で完結ということも重ね重ねありました。

そんな感じですので私としては悶々とした日々を送ることも多かったです。

そういった体制が続いたので、我々は多少なりとも夫に刺激を与えて意思を向けてもらおうと、お風呂立ちにはわざわざ湯船タオルはじめ枚でリビングでTVを見ていたり、本を読んでいたりやる夫の今しがたを意識的にあるくようにしていました。

また、洗濯モノのうち肌着などはわざと夫のまぶたの当たる場所に乾かすようにして、多少なりとも原動力をあたえようといった意識しています。

そういったパーソン知れない集中もあってか、私の経験上、翌日が販売休日の週末などは夫もストレスから解放されてホッとしているのか、刺激を与えると時どき身体を求めてくれるようになりました。

アフターピルの通販はこちら!

やはり勃起が十分でなかったり、中折れの時もありますが、そんな時には「気にしなくていいよ」とか「疲れているんだよ」って、ボクに鬱積は残りますが出来るだけ優しい言葉をかけて与えるように努めています。

そのような場合、夫を責めたり、不満な顔付きを見せたりするとますます、夫がセックスに臆病になってしまうとおもうからです。

忍耐も必要となりますが、夫にも過度なソフトように努力する結果、現在では毎月程度のセックスが再建しています。

出来れば惜しくも狙うなとは思いますが、これからも焦らずに集中を続けていきたいとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です