手触りも違うと言っていました

3

パルテノン御殿風のからくりになっているラブホテルがあるといった友達から聞いて、女房にひと度行ってみたいというお願いしたのですが、私の女房はケチで良いラブホテルまで行かなくても己のルームで潤沢だという人間でした。

私としてはラブホテルにお泊まりするのが少々思惑で、お年贈与にその宿屋に連れていってほしいというお願いしてやっと叶えてもらったんです。

普通のラブホテルの何ルームがパルテノン御殿ぶりとかテルマエ・ロマエぶりとかになっていて、そこだけまだまだ良いんです。

中に入ると、みた会社のある柱がいくつか建っていて、天外yesの大きな丸っこいベッドがどーんと置いてあって、純白な本当に神秘的な余分でした。

ラブホテルって不快趣向を想像していたのですが清潔感があって、外国のお姫様のルームもののムードで気合があがってしまいました。

女房はラブホテルに来たことがあるので、違う?と聞いてみると、全然違う、普通は一際フツーのルームが多いし、と言っていて、お風呂から出たときにきるガウン的ものの手触りも違うと言っていました。

改めてエッチをすることになったときに、なぞ主人がいつもよりきめ細かいというか、お年ということもあったんですが、いつもなら益々刺々しい感じでキスとかして現れるのに、雰囲気等々があって、もの凄く優しかっただ。

私も天井を見上げると常にといった全然違う純白で勝負の天外で、いつもより婀娜っぽい感じであえいでしまったり、ほんと趣向を通じてエッチがこんなにも違うって思いませんでした。

しかも、女房はどうにかこうしたデラックスで高いところに泊まってるんだから悔しいと言い出して、一旦エッチが終わってからまたお風呂に入り直して、僅かくつろいです後に二回瞳しようと誘ってきたんです。

早朝まで一緒にいたのに、二回目するなんて初めてのことでした。

それでもそういったポイントでのエッチも興奮して甚だよかったです。

オスモフェリン香水がおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です